最新情報

2016年3月4日
iphone・androidゲーム
今話題のドラゴンポーカーについて
今話題のアプリと言えばドラゴンポーカーです。若い世代を中心に、たくさんの人に支持されています。操作方法も単純な・・・
2016年2月13日
ゲーム攻略
複数人で出来るぷよクエのみんなでクエストについて
スマートフォンゲームの一つにぷよクエがありますが、じびゲームはスマートフォンゲームではありますが2人から4人で・・・
2016年1月16日
iphone・androidゲーム
派手なアクションがないからこそウパルランドが好き
 せかせかとアクション要素の強いゲームが苦手、もっとのんびりじっくりゲームをプレイしたいならウパルランドが良い・・・
2015年12月10日
iphone・androidゲーム
スマートフォンでご当地自慢!天下統一スマッシュ
天下統一スマッシュはスマートフォンのゲームアプリですが、私は最近これにすっかり夢中です。レアキャラ欲しさに天ス・・・
2015年11月22日
スマートフォン関連記事
白猫プロジェクトが面白い
妖怪ウォッチ ぷにぷにって面白いですね。子供が遊んでいるのを見てつい自分もやりたくたくなってしまいました。今は・・・

今話題のドラゴンポーカーについて

今話題のアプリと言えばドラゴンポーカーです。若い世代を中心に、たくさんの人に支持されています。操作方法も単純なので、気軽にプレイできると評判なのです。また、人気声優も多数出演しているため、声優ファンにも人気があるのです。特に主人公の声を担当している声優は、ドラゴンポーカーをきっかけに人気が出た人です。そのため、業界では声優の登竜門として扱われています。他にも、このアプリがきっかけに様々な作品に登場するようになった声優も多いので影響力があります。また、グラフィックが綺麗な事にも提供があるため、CGの専門雑誌でも頻繁に取り扱われています。業界でもひときわ注目されている存在だという事です。

もちろん、ゲームとしてもとても人気があります。操作方法がとても簡単なので、気軽にプレイできる事に定評があるのです。従来のゲームは難しいコマンドや戦略が必要でしたが、そんなものは必要ないのです。そのため、ゲームを普段等やらないような世代にも人気を集めています。また、イラストの美しさから絵を描く人にもとても人気があります。あるキャラクターに関しては、とても人気が出てしまったので公式グッズが発売されるほどの人気を誇っています。また、コミケのコスプレをする人も多いため、コスプレ雑誌ではコスチュームの作り方が掲載されるほどです。もちろん、同人誌を描く人も増えているため、今後はオンリーイベントの開催が決定されている程です。また、あまりの人気でアニメ化も決定しています。

声優はアプリと同じ人なのでファンの期待も高まっています。このような人気の出方をするゲームはあまり例がありません。そのため、アプリ業界でもとても注目を集めているのです。また、ドラゴンポーカーはアプリ専門誌でも高い評価を得ています。特に、戦闘中の操作方法が単純で操作しやすい事が評価されているようです。ドラゴンポーカーの人気は留まる事を知らないのです。

複数人で出来るぷよクエのみんなでクエストについて

スマートフォンゲームの一つにぷよクエがありますが、じびゲームはスマートフォンゲームではありますが2人から4人で遊べるマルチプレイの要素があります。言ってみれば、それぞれのプレイヤーで一つのクエストに挑戦することができます。ホストとゲストと呼ばれるプレイヤーに分かれますが、このぷよクエではホストは1人、ゲストが他のプレイヤーになります。

また、ホストとゲストによる要素も違ってきます。例えば、クエスト中のやるき消費、コンティニューの権限はホスト側にのみ認められています。ゲストには、コインやカード、妖精を入手できる権利が与えられています。これらはホスト側にもあります。ちなみに、このクエスト名はみんなでクエストと呼ばれています。

みんなでクエストでは、全てのカードが使えるわけではありません。使えないものとしては、かいぶつシリーズ、幻獣プリンスシリーズ、星の魔導師シリーズ、ハロウィン悪魔シリーズのカードが使用できません。さらに、クエスト時で使用できるスキルは自分が操作中のカードの中にあるスキルのみが発動します。スキルを使うと次のプレイヤーのターンになっていきます。

このほかに曜日ごとにプレイできるクエストが異なってきます。月曜日であれば紫のクエスト、火曜日であれば赤のクエスト、水曜日であれば青のクエスト、木曜日であれば緑のクエスト、金曜日であれば黄色のクエスト、土曜日と日曜日は全色のクエストがプレイできます。

それぞれの色のクエスト毎に有利、不利と言うものがあります。紫のクエストの時は有利な色は黄色、不利な色も黄色、黄色のクエストの時は有利な色は紫色、不利な色も紫色と特殊ですが、赤のクエストの時は有利な色は青色、不利な色は緑色、青のクエストの時は有利な色は緑色、不利な色は赤色、緑色のクエストの時は有利な色は赤色、不利な色は青色です。クエストには甘口、中辛、辛口、激辛とありますが甘口ほどレベルが低く得られる経験値やコインは少なくなっています。

またぷよクエを有利にすすめる為の課金アイテム魔導石を無料でゲットできる方法なんかもあるようです。友達を招待せずとも手に入れる方法ですので是非試してみてはいかがでしょうか。

派手なアクションがないからこそウパルランドが好き

 せかせかとアクション要素の強いゲームが苦手、もっとのんびりじっくりゲームをプレイしたいならウパルランドが良いです。

 私はもともとアクション要素の強いゲームが得意ではなく、そういうゲームは途中で投げ出してしまうことが多いです。最近のアクションゲームはその難易度がかなり高くなっているため、私のようにそれを不得意とする人間ではゲームクリアしないことが多いです。スマホゲームですとそこまで難しくなかったりするのでできないわけでは決してないのですが、だからといって得意というわけではありません。そして、そういうゲームが苦手なのだと最近は改めて痛感しています。そこで、そういうアクションゲームはたまにプレイすれば良しとして、そうではないゲームに魅力を感じています。そんなゲームの内の1つがウパルランドです。

 ウパルランドに激しく動くようなアクション要素はほとんどありませんので、そういう操作が苦手な私にとってはとてもありがたいです。私はもともと反射神経がそんなに良いほうではないので、そういう力を必要とするゲームはどうしても上手くいかないのです。それよりも、のんびりじっくりとしているほうがプレイしていて楽しいと感じやすいですし、その適性について今さらながら気付いたような気がしています。聞けば課金アイテムのウパルランド 召喚石を無料で手に入れる方法もあるようです。無課金派の私には有難い話です。もし本当ならウパル召喚も楽になっていいですよね。

 また、特に大きなイベントなどの動きがなかったとしても、それはそれで楽しめるので気にならないです。派手なアクションやムービーがあったほうが確かにインパクトは強くなります。ただ、それだけがゲームのおもしろさではありませんし、このゲームのように派手さはなくても着実に毎日プレイできるゲームのほうが、私としてはどちらかといえば好きです。

 ウパルランドみたいなゲームばかりをずっとプレイしていたらさすがにそれはそれで飽きがきてしまうのかもしれませんが、今のところまだその兆候はありません。それならば飽きるまでプレイしていこうと思いますし、それで良いと納得しています。

スマートフォンでご当地自慢!天下統一スマッシュ

天下統一スマッシュはスマートフォンのゲームアプリですが、私は最近これにすっかり夢中です。レアキャラ欲しさに天スマ リセマラもしちゃいました。なんでハマってるのかというと、このアプリはいわゆる郷土名物をキャラクター化して戦わせるゲームですので、私のように生まれ故郷に強い愛着を感じていて、さらに日本全国津々浦々旅行している旅好きにとっては、たまらない内容だからです。

それに私は日本史も好きですから、天下統一スマッシュでキャラクター化されているような歴史的偉人についてはほとんど知っており、彼らの伝記をたくさん読んできたものですから、今こうして現代に彼らが再び蘇ってくれたことがうれしくて仕方ないのです。最近はいろんなスマートフォンアプリのゲームが発売されていますが、天下統一スマッシュほど日本人の琴線に触れるものはないので、老いも若きもスマートフォンをお持ちの人は是非とも一度プレイしてみてはいいがではないかと思わずにいられません。

天下統一スマッシュで私がとりわけ好きなキャラクターは香川県に所属する讃岐漆器マンです。讃岐漆器といえば香川を代表する伝統的クラフトワークであり、その特徴はコマのようにぐるぐると巻かれた模様にあります。使い込まれた讃岐漆器は大変愛らしい雰囲気があり、最近は古道具として高値で取引されているとも聞きます。

全国的にはそれほど有名とはいえない香川漆器ですが、こうしたマイナークラフトワークを取り上げる天下統一スマッシュは教養教育という意味でも大変すぐれているのではないかと思わずにはいられません。これから先、香川県にまつわるもっといろんなカードを引けることを楽しみにしています。できれば香川を代表する銘石庵治石もキャラクター化してくれると香川に縁のある人間としてはこれほどうれしいことはないのですが、どうでしょうか?

もうすぐスマートフォンを買って5周年になりますが、これまで遊んできたどんなスマホゲームより魅力的なこのゲームは2015年を代表する名作になるのではないかと密かに期待しています。

白猫プロジェクトが面白い

妖怪ウォッチ ぷにぷにって面白いですね。子供が遊んでいるのを見てつい自分もやりたくたくなってしまいました。今は妖怪ウォッチ ぷにぷに 無料攻略が私の夢です。他におすすめのゲームを紹介します。実は私はRPGが大好きで、スマホゲームにかかわらず、かなりいろいろなRPGをプレイしてきていますが、コロプラのアクションRPG、白猫プロジェクトはなかなか面白くておすすめのゲームです。

ストーリーは、まさに王道をいくといった風情で、どこか懐かしい雰囲気さえ感じられて、これぞRPGといった印象を受けます。また、グラフィックもとても美しく、スマホ世代もすんなりと楽しめるアクションRPGといった仕上がりになっています。私はこれまで、キャラクターのボイスに対してこだわりは無かったのですが、このゲームをしてからというものキャラクターは絶対フルボイスのほうが良いという価値観に変わってしまいました。

また、私がこのゲームで最も気に入っている点はその操作感です。スマホのアプリゲームはモノによって、操作のしやすさに雲泥の差がありますが、このゲームのぷにコンと呼ばれる操作方式は操作性が抜群でサクサクと動かせる感じで、ストレス無くゲームに入り込めるのがいいです。アクション場面において、指1本で操作できてしまうというのは、まさにアプリゲームのいいところだと思います。

操作の面でストレスを感じてしまうと、どんなにゲーム自体の仕上がりがよくても台無しですからね。ですので、ゲーム機の両手を使用した物理的なコントローラーでのゲームに慣れている人には、新鮮な爽快感が感じられるのではないでしょうか。こういった感じで、白猫プロジェクトはパソコンゲームやゲーム機のRPGにも負けないレベルで楽しめますし、スマホゲームらしい気軽に遊べるゲームにもなっているので、いろいろな層の人に受け入れられると思います。今は次々に新作のスマホゲームが登場するので、なかなか全てのゲームをプレイできていませんが、ここ最近では本当にこれが一番の面白さです。RPG大好き人間としては、無料のスマホゲームでありながら、これだけハイレベルなものがたくさん出てくるのはうれしい限りです。

白猫プロジェクトのジュエルの集め方

大人気のスマホゲーム、白猫プロジェクト。これから始める人の為の初心者口座です。
このゲームでは白猫プロジェクトジュエルを集める事が大事です。ジュエルはガチャを回すのに必要なほか、アイテムの購入にも必要です。ジュエルを手っ取り早く入手できるのは課金ですが、課金しなくてもある程度の量は手に入るので無理に課金しなくても進められる様になっています。
無料で入手する方法の一つがログインボーナスで、これはただログインしていくだけで貰えます。本当にログインするだけで、遊ばないですぐログアウトしても構いません。忙しくてもこれは簡単に出来ますね。
次にクエストをクリアする事で貰えるジュエル。クエストクリアの初回報酬で貰えますので、ストーリーを進めていけばどんどん貰えます。ただ、あくまでそのクエストの初回のみで、同じクエストを何度もクリアしても貰えるのは最初の1回のみです。
また、クエストにはミッションが設定されているものも有り、それをこなすことでもジュエルは貰えます。ただクリアするだけでなく、ミッションも意識しながら進めましょう。
白猫プロジェクトでは他のプレーヤーと協力バトルが出来ますが、これもジュエルをゲットするチャンスです。初めて一緒に遊んだ時に10個貰えるので、沢山のプレーヤーと協力バトルをしましょう。
他にもタウンミッションでゲットする方法もあります。剣術所や休憩所といった町の施設をレベルアップさせていくとその報酬でジュエルゲット。
最後に、集めたジュエルの使い方です。
冒険書を購入すると、ゴールドとルーンを効率良く集める事が可能で、とにかくサクサク進めたい人にお勧めです。
大工たぬきの増員に使うと、町の建物建造が楽になり、タウンミッションをこなしやすくなります。
あとは何といってもガチャです。運よく☆が4つのキャラを入手出来ればクエストもスムーズにクリアしていけます。ガチャに嵌ると際限なく課金に走ってしまったりするので、癖にならない程度に引いていきましょう。

協力プレイをするうえでやってはいけないこと

白猫プロジェクトには、ネットワーク回線を使った他プレイヤーキャラとの協力プレイというのが実装されていて、メインストーリーの他に協力して一つのクエストをクリアするといったMORPG的な遊び方も楽しめるゲームです。
最近では、この協力プレイ用のクエストも増えてきていて、これを目当てに白猫プロジェクトを遊ぶ人も増えているようです。
しかし、最近では新規プレイヤーも増えているのですが、それと共に困ったことになっているのが協力プレイの際のマナーです。
協力プレイという以上、一緒にクエストをこなしている人は同じ意思を持つ人間であり、自分勝手な遊び方をすれば相手に不愉快な思いを与えます。
そういったプレイを続ければ悪質プレイヤーとして広まり、一緒に遊んでくれる人がいなくなってしまうことも珍しくありませんので、最低限のマナーぐらいは守らなくてはなりません。
まず、協力プレイ用の部屋を建てるプレイヤー(ホスト側)ですが、ホストは開始と解散の権限を持っています。
部屋に他のプレイヤーが集まり、準備が出来たキャラクターは「準備完了」という表示がされるのですが、それが無いキャラがいるにも関わらずクエストを始めるというのはホストとしてやってはいけない行為です。
また、クエスト中に自分がやられてしまったからといって回線を切断したり、リタイアしたりというのもやってはいけません。
ホストが回線を切るとゲスト側はシングルモードとなってしまい、ゲストの方はクリアするのに大変苦労してしまいます。
次に、部屋に参加するプレイヤー(ゲスト側)の禁止事項ですが、代表的なのは寄生と呼ばれる行為です。
クエストが開始されても一歩も動かず、他のプレイヤーに全てやらせるという最低の行為です。
例え操作が下手戦闘不能になってしまうとしても、ちゃんと動いた上での結果であれば問題ありません。
また、募集条件を無視した部屋に参加することも重大なマナー違反です。
その分だけゲームバランスが崩れるということですから、絶対にやめましょう。
協力プレイは自分だけでなく相手を楽しませるぐらいの心を持って参加するのが良いということです。

Fateは遠坂凛がいてこそのもの

Fateシリーズファン待望のスマホゲーム「Fate/Grand Order」をプレイしてみました。聖杯戦争の舞台は冬木市を離れ、登場キャラクターも総入れ替えされているのですが、それでもFateの遺伝子を受け継いでいることをしっかりと感じさせるゲームです。シナリオも秀逸で、Fateファンならば、さすが奈須きのこと唸ることは必至です。

しかし、従来からのFateファンとしては、やはり旧来のキャラクターを生かしたゲームにしてもらいたかったところです。遠坂凛が好きでFateシリーズを追ってきたような私としては、ヒロインの座から遠坂凛が降ろされることには到底納得できません。先日フィナーレを迎えたアニメ版Fateでも、遠坂凛のヒロイン力は際立っており、彼女が登場しないFate/Grand Orderが、原作に比べて見劣りしてしまうのは当然のことです。奈須きのこほどのライターであれば、遠坂凛の魅力をもっと引き出せるはずです。アニメが終わったからといって、遠坂凛の物語を終わりにはして欲しくないと思います。

遠坂凛の魅力は、名前のとおり「凛」としたところでしょうか。立ち居振る舞いが格好良い女の子で、男の私からしても憧れます。アニメ最終回の遠坂凛はとりわけ凛としていました。「めでたしめでたし」という彼女のセリフは、アニメが終わって数ヶ月経っても、いまだに私の頭のなかでリフレインしています。こんなにも聡明で、こんなにも凛々しく、それでいてドジなところがある愛らしいキャラが、今まであったでしょうか?たとえ奈須きのこといえども、遠坂凛に匹敵する魅力あるキャラを新しく生み出すのは困難なはずです。だからこそ、奈須きのこはこれからも遠坂凛というキャラにこだわり続けるべきだと思うのです。

Fate/Grand Orderはよく出来たゲームです。それは間違いありません。Fateシリーズの新たな始まりを感じさせます。しかし、Fate/Grand Orderの果てに、原作Fateを超える感動を期待できるでしょうか?疑わしいと言わざるを得ません。どうか、制作陣にはもう一度、遠坂凛のことを思い出していただきたい。いつか、彼女の新しい物語を紡いでくれることを期待しています。

姫王と最後の騎士団は着眼点が素晴らしいです

姫王と最後の騎士団はとても着眼点の優れたゲームとして知られております。着眼点がいいということは優れたゲームにとって最も必要なことではないでしょうか。たとえば、テトリスはただ棒を落としてゆくというだけのゲームでありますが、あれは一世を風靡いたしましたし、あれを作った人は億万長者になったのではないかと思われます。アイデアとはそういうものではないでしょうか。アイデアマンこそが世界を制すると言って過言ではありません。日本の詰め込み教育はそういうアイデアマンを抑圧するということでありましょう。そのような観点からも、日本の詰め込み教育は是正されてゆくべきであろうかと存じますが、しかしながら、そのためには別に変ったことを考える必要などはなく、ただスマホゲームでも与えておけばいいのではないでしょうか。
そのくらいにスマホゲームには現代人の発想の全てが投入されています。それもそのはずであり、今はスマホゲームは極めて売れているからです。テレビなどを見ておりましても、スマホゲームの宣伝ばかりではないでしょうか。スマホゲームが売れなくなってしまったら、最も困るのはテレビ業界なのではないかと心配してしまうほどです。しかしながら、スマホゲームが売れなくなるということは絶対にないのではないかと確信しているところです。といいますのは、着眼点の鋭いゲームが逐次投入されており、その勢いが止まるということはちょっと信じられないからです。
姫王と最後の騎士団はその中でも着眼点が鋭いことで知られており、このような着眼点を得たということはやはり画期的であると言っていいでしょう。このような画期的な着眼点を得るような人がいらっしゃるということは制作会社にとってもとても幸運なことですが、しかし最も幸運なのは、このような素晴らしいスマホゲームをプレイできる私たちではないでしょうか。私はもちろん、毎日のようにプレイして楽しんでいます。

にゃんこ大戦争はまったりソロプレイ

にゃんこ大戦争っていうスマホゲーム、タイトルですでになんとなくわかりますよね。
そうです、自分の扱うキャラクターはにゃんこです。
にゃんこが日本統一を目指すっていうゲームで、種類抱負なにゃんこで日本各地の都道府県を制覇していくんです。
にゃんこも色々種類があります。
火力重視のにゃんこ、防御能力やHPが多いにゃんこ、アシの早いにゃんこ、攻撃速度が速いにゃんこ、遠距離攻撃が得意なにゃんこ、範囲攻撃が得意なにゃんこ、すさまじい火力・しかも範囲攻撃だが生産するのがとても大変なにゃんこ、こういったものを駆使してステージクリアを目指します。
最初はにゃんこを選べるほどの種類はないんですが、中盤を過ぎたぐらいから、かなり多くなってきます。
このゲーム、ステージ数は48(各都道府県+1)なんですが、3週目クリアでENDになっており、一週目クリアするとほとんどのユニットが揃います。
ガチャで手に入るユニット、2週目をクリアしないとゲットできないユニットなどもありますが、こういうのなしでもユニットの種類は多くなります。
問題は戦闘中に召還できるにゃんこは10種類って決められてます。
戦闘前にその10種類の中にどのにゃんこを入れるか決めておく必要があります。
例えば防御系ユニットを前面に押し出し、その後を遠距離攻撃や範囲攻撃ユニットを従わせるなら、これだけで3キャラ必要になります。
ステージ後半になるとボスっぽい敵ユニットが登場するので、対ボス用のユニットも必要になるので、10キャラ分の枠は結構使い切っちゃうので、その編成がまず大事です。
にゃんこ大戦争の良いところは、課金をすることでユニットの種類を増やしたりできるんですが、無課金でも何とかなるところです。ログインボーナスでガチャ用アイテムをもらえたりしますし、その分で事足りたりします。
もちろんガチャで入手したユニットは強力なものが多いですが、基本ユニットでも編成をきちんとしてステージ攻略を行えばクリアできるのがとても良いです。
3週目クリアでENDになるんですが、実際無課金でもクリアはできるし、基本ソロゲーのゲームなので他プレイヤーとの競争もありませんし、まったりできてお勧めです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ